LOLC  NEWS

とことん戦う弁護士 リーガルカウンセラーズ

勾留請求却下! 準抗告棄却!

   

土曜日の夜、当番弁護士として原宿警察に出動。

被疑者は暴行で逮捕され、明日が裁判官の勾留質問。

勾留が認められると、被疑者は10日間は留置場に居なければなりません。

しかし、検察官の勾留請求の却下率は約3%しかありません。

日曜の昼、勾留質問前に担当裁判官と交渉し、検察官の勾留請求を却下するよう求めました。

日曜日の夕方、担当裁判官は私たちの主張を容れ、勾留請求を却下!

検察官はこれを不服として、即時、準抗告申立。

日曜日の夜、準抗告審は検察官の準抗告を棄却!

希望を失わず、とことん戦うこと。それが何よりも大切です。

 - 刑事解決事件, 刑事弁護人

  関連記事

反社会性パーソナリティー障害

昨年の秋に刑事弁護人に就任した裁判員裁判につき、先日、判決の言い渡しがありました …